スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女は最高 |エドワード・バーンズ、キャメロン・ディアス

彼女は最高彼女は最高
出演:エドワード・バーンズ /キャメロン・ディアス /ジェニファー・アニストン /マイク・マックグローン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日 2007-03-23





2人の兄弟と3人の女性の恋愛模様。

プライドの高い弟と、気ままな兄。
弟が兄ちゃんの元カノと不倫しているという内容の話ですが、
愛する人を大切にするということが込められた映画かなと・・・。

プライドばかり考えていると、大切な彼女を失ってしまうんですよね。
近所のお店の変な店主と、ボクシングの対決シーンは無駄に感じました。
あと、弟の髪型がやたらデカイのが気になります(笑)。

ジェニファー・アニストンが、脇役なのがちょっと残念。
しかしメインはキャメロン・ディアスです。
キュートな彼女の魅力が全面に出ていて最高です。
エドワード・バーンズのハスキーで淡々とした独特の話し方も印象に残りました。


さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト

メリーに首ったけ (ベストヒット・セレクション) |キャメロン・ディアス

メリーに首ったけ (ベストヒット・セレクション)メリーに首ったけ (ベストヒット・セレクション)
出演:キャメロン・ディアス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日 2007-11-21




キャメロン・ディアスの魅力満載のちょっと下品なコメディ

ズボンのチャックに大事なモノを挟んでしまう、
精液を髪に付けるヘアーワックスと勘違いしてしまうなど、
下品な下ネタが満載の映画だけれど、
キャメロン・ディアスのキュートな魅力と、
今やナンバーワン・コメディアンの芸達者なベン・スティーラー、
こんな役でも結構はまってるマット・ディロンなど
出演者たちの魅力で最後まで押し切ってしまう。
コメディとしてはギリギリ過激にならずに笑える。
しかしこの映画の障害者の扱い方はある意味、潔いと感じました。
障害者を同情すべき人たちとは捕らえず、
他の健常者と一緒に扱って笑い飛ばしているのが、
逆に差別がなくてよいと思います。
人によって好き嫌いが大きい映画だとは思いますが
キャメロン・ディアスが何故大人気なのかを知るには、
是非、「メリーに首ったけ」は見ておくべきだと思います。
私が、キャメロンに虜になった作品です。

さらに詳しい情報はコチラ≫


ランキングサイト

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

人気キーワード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。